9万円を借りるためのキャッシング方法

おすすめ

9万円って急に用意できるの!?

急に9万円が必要になると焦りませんか?高額なので、すぐに用意するとなるとキャッシングに頼ることになってきます。いざという時のために9万円以上のお金を借りれるように日頃から準備が必要です。そこで知っておくと便利な情報を掲載しています。

9万円のキャッシングについて

借金は出来れば避けたいもの・・・とはいっても、急にどうしても現金が入用な時もありますよね。そんな時、あなたはどうしますか?ここでは、『9万円』という金額を即金で用意する方法についてまとめてみました。

9万円を恋人や友人から借りるメリット、デメリット

<メリット>
やはり、即金で現金となると知人からの借金が一番手っ取り早いと考える人もいるかもしれません。ましてや親しい友人や恋人なら相談もしやすい。何よりも金利がかからないというのが魅力ですよね。金融機関から借りるように督促されることも少ないです。

<デメリット>
上記にメリットを乗せました。しかしこのメリットが実は全てデメリットとして働く可能性があります。あなたが急に『9万円貸して』と言われたらどう思うでしょうか?

友人や恋人だと、その理由もなかなか聞き出す事も出来ません。しかし、たとえある程度の預金があっても9万円とは少ない額でありません。ちゃんと返してもらえるだろうか、何に使うのだろうかという心配や困惑が湧くことでしょう。

また、困っているなら助けてあげたいという優越感も(無意識にせよ)感じる事でしょう。お金の貸し借りというのは、それほど人の心に様々な思いを湧き上がらせます。そして、金銭の貸し借りが起こった時点で人間関係として対等では無くなってしまうのです。

どうしても友人や恋人からお金を借りたいときは

・何に使うのか?
・いつまでに返せるのか?(分割で返すときはその旨を伝える)
・自分から借用書を書くことを伝える

最低でもこの3点は守りましょう。今までの中が壊れないように気を付ける事は、お金よりも大切な事です。

9万円を親族から借りるメリット、デメリット

次に、親族から借りるという事について考えてみましょう。

<メリット>
・金利がかからない
・金融会社のような督促がない
・親族の性格にもよるが比較的相談しやすい

親、年上の兄弟、叔父叔母などのように年上の親族の場合は、すでに上下関係があるため優越感を持たれて関係が壊れるという事は少ない。

<デメリット>
・相談する親族の性格にもよるが、何に使うお金なのかを聞かれる。
・時にお金の使い方について説教されることもある。
・年下の親族などだと、それまでの関係が壊れる可能性がある。
(金銭を貸すという事は、その時点で優越感を持たれる可能性が高いため)

親族への相談は、一番デメリットが少ないかもしれません。普段から、両親、叔父・叔母など『頼れる目上の人』と交流をはかる社交性が必要となってきます。そういう意味では、人生勉強ともいえるでしょう。

お金というのは、それを通して人生勉強をするものだともいえます。また、やはり親族からでも何に使うか、いつまでに返すかをはっきり伝えて借用書も書くようにしましょう。これは、大人としての最低限のマナーです。

9万円を銀行から借りるメリット、デメリット

次に、金融機関からの借り入れについて考えてみましょう。まずは銀行から。

最近は銀行ATMで使えるカードにクレジット機能が付いたものが増えてきました。おそらくはほぼすべての銀行がクレジット産業に着手していることでしょう。この、銀行のクレジットカードからキャッシングする事が出来ます。限度額はカードを作った時によって違いますが、例えば学生だったとしても最低10万円くらいから。すでに借り入れていないのならば9万円ならすぐに借り入れできるかと思います。

<メリット>
・即日で借り入れが出来る
・人に相談する煩わしさがない。
・銀行のATMから借りられるので、時間もある程度自由。
・同様にATMから借りられるため、お店の人にさえ相談せずに借りられる。
・銀行によっては、他の消費者金融よりも安い金利で借りる事が出来る。

<デメリット>
・金銭感覚が麻痺してしまう可能性がある。
(借り入れ可能額が自分の財産だと思ってしまう)
・金利がかかる。
・返済が遅れた場合は督促の電話がかかってくる。
・あちこちから借り入れたり、返せなくなってしまうとブラックリストに載ってしまう可能性がある。
・人と接せずに借りられるため、返済計画を立てる習慣が身に付きにくい。
・あらかじめその銀行のカードを持っていないと借り入れ出来ない。

9万円を消費者金融から借りるメリット、デメリット

同じキャッシングでも消費者金融で借りるという選択肢もあります。この場合はどのような特徴があるのでしょうか。

<メリット>
・会社や曜日、時間帯によって変わるが、即日で審査が出来る。
・そのまま即日で借り入れる事が出来る
・すでにカードを持っている場合は24時間利用可能の無人機械があり、いつでも借り入れが出来る。
・多くの会社が『30日間金利無料』を実施している。

<デメリット>
・誰にも相談せずに借り入れが出来るため、金銭感覚が育ちにくい。
・借金癖は人生を棒に振ってしまう可能性がある。
・借りる会社を見極めないと、暴利を取られる場合もある。
・返済が遅れると、自宅や時には会社にまで督促の電話がかかってくる場合がある。
・法定金利より高い金利を取られることがある。

9万円をカードローンで借りた場合の金利はどれぐらいなのか?

今まで金融会社からの借り入れのデメリットには金利がかかると述べてきました。しかし、現実にどれくらいの金利がかかるか即座に計算できるひとは少ないでしょう。

まずは金利の計算式から覚えて欲しいと思います。例えば、年利18%のところで9万円を借りた場合の1か月の金利の計算式です。

例:90,000×0.180÷365×30=1,331

つまり、1か月で1,331円の金利がつくという事になります。少しずつ返してゆけば元金は減りますが、金利は増え続けます。少額でも借りる場合は月々の返済額と共に金利のシュミレーションをしておくことをお勧めします。なお、民間の消費者金融では窓口でこのシュミレーションをしてくれるところが多数あります。

9万円を迅速に借りるにはどの方法が一番良い?

一番早いのは、クレジットカードのキャッシング。社会人なら(現代は学生でも)クレジットカードの1枚くらいは持っているかと思います。このカードがあれば、コンビニなどのATMでもすぐに借り入れが可能です。返済は翌月か翌々月となります。

また、後に述べますが金融会社でも即日審査で最短数時間で借り入れが出来る会社もあります。金融会社のカードをあらかじめ持って入れば、やはりすぐに現金を借入する事が可能です。

もっとも審査が早いキャッシングBEST3

審査の早い事で有名なキャッシング会社3社をあげました。それぞれの会社で、初回の借り入れなら30日間金利無料・返済日が近くなるとメールで連絡など、様々なサービスがあります。すぐに現金が欲しいと言っても出来れば焦らずに自分に合ったサービスの所を選ぶようにしましょう。

1位、アコム

審査最短30分。融資最短1時間というスピード融資。
年利4.7%〜18.0%。
ネット申し込みでも14時までに申し込むと即日融資が可能。

>>アコムの公式サイトはこちら

2位、モビット

パソコン・スマホからでのWEBでの申し込みが可能。
(三井住友銀行か東京三菱UFJ銀行で口座を持っている場合に限る)
年利3%〜18%
14時50分までに手続きすれば当日に上記の口座に融資金額が振り込まれることも可能。

>>モビットの公式サイトはこちら

3位、プロミス

スマホなら最短で一時間で融資も可能。
年利4.5%〜17.8%
50万円以下の融資なら原則として収入証明書は不要。

>>プロミスの公式サイトはこちら

9万円を借りるのにおすすめのキャッシング方法

■みづほ銀行
キャッシングでお勧めなのは、みずほ銀行かと思います。みずほ銀行に口座を持っている人でしたら、WEB申し込みで消費者金融顔負けの速さで借り入れが出来ます。また、仕事で平日は銀行に行くことが出来ないという人のために、WEBで口座を開くサービスも。みづほ銀行がお勧めな点は、他の会社に比べて金利が安い点です。(14%〜7%)

■ゆうちょ銀行定期預金
普段から少しずつでも貯金出来るタイプにお勧めなのが、ゆうちょ銀行の定期預金。これは預けてから半年後からは、普通口座から借り入れできるのが特徴です。つまり自分の定期預金からいったんお金を借り入れて、また好きな時に返すというもの。

当然、金利はつきません。普通口座に入金されている以上の金額を引き出すと、自動的に定期預金から借り入れできるようになっています。(通帳や利用明細の残高にはマイナスと表記されます。)非常に便利と言えるでしょう。

■30日間金利無料サービス
多くの消費者金融で行っているサービスです。これは勘違いされがちですが、『借り入れから30日』ではなく、『契約から30日』ですので気を付けましょう。とはいえ、大変便利なサービスと言えるかと思います。

例えば9万円を借りて、1週間後に1万円を、2週間後にまた一万円を…と返してゆきます。1週間ごとに一万円ずつ返済すると30日後には4万円の返済。すると金利がかかるのは残り5万円に対してという形となります。ただしこれは、初回利用者限定のサービスです。

みんなが9万円ぐらいの金額を借りるのに多い理由

では、多くの人はどんな時にキャッシングを利用するのでしょうか。

◆冠婚葬祭
特に結婚式などに招待されると、ご祝儀や衣装などに非常にお金がかかるかと思います。(女性の場合はヘアセットなども合わせると一度の結婚式ゲストで10万円かかるという人も…)

適齢期という言葉はすたれたものの、友人が急にまとめて結婚するなどという事態ですと出費もすごいもの。また親戚などのお悔やみでも、遠いと交通費もばかに出来ないもの。かといって行かないという選択肢が有り得ない場合もあるでしょう。そういう場合にキャッシングを利用するケースが多いようです。

◆親族の病気
親や配偶者が急に病気になったという場合も急な出費が必要な場合です。検査、入院、治療…また、その間の生活費なども。医療費があまりに高額の場合は、年末に医療費控除が受けられます。また一家の大黒柱が病気の場合で働けない場合は障碍者年金などを受ける事も。急場をしのいで借り入れたはいいけど返済ができずに生活を破たんさせてしまう事だけは避けたいものです。

◆浪費・ギャンブル
女性の場合は、ブランドなどの買い物。ギャンブルは男性に多いようです。しかし浪費やギャンブルから借金をしてしまっても、返済に行き詰まるのは目に見えています。どうしてもやめられないというのは依存症で心の病気の一種。

地域の医療相談などを利用して依存を治療する事が先決。そして借金を増やさないようにしてほしいと思います。特に借金を返すためにまた借金をするような事はしないように。借金がかさんで返済が苦しくなってきたら、弁護士に相談しましょう。過払い金がある可能性もありますし、現在は自己破産以外にもさまざまな債務整理方法があります。

まとめ

いかがでしたか?急な出費の理由もさまざま。

大切な事は、借り入れする前に返済予定を立てる事です。キャッシングは便利ですし、上手に利用すれば生活を便利に楽しくしてくれます。しかし、借金になれてしまうと借りられる分のお金までもが自分のお金だと勘違いして借金を重ねてしまう事も。

また、一度キャッシングでまとまったお金を借り入れて返済が出来きると、過去の成功体験から今度も大丈夫・・・とまた借金をしてしまう。それも少しずつ額が大きくなってしまい、大変な思いをする人もいるようです。
借金のメリット・デメリットをしっかり認識し、上手にお金と付き合って欲しいと思います。

最新のエントリー一覧

ひと月に結婚式が2回入ってしまい、給料日前に金欠に。
"私が給料日前に金欠なったとき、それは友人の結婚式がひと月の間に2回もあったこと...

非常に痛い出費について
"私の会社の給料日は、毎月16日です。ボーナス月は、6月と12月です。 給料日前...

家族がいるのに
"旦那が前に仕事をしていた所なのですが、どう考えても、家族4人がぎりぎり生活でき...