9万円を借りるためのキャッシング方法

おすすめ

9万円って急に用意できるの!?

急に9万円が必要になると焦りませんか?高額なので、すぐに用意するとなるとキャッシングに頼ることになってきます。いざという時のために9万円以上のお金を借りれるように日頃から準備が必要です。そこで知っておくと便利な情報を掲載しています。

渡航先でのトラブルで急な出費が発生

"以前経験した事なのですが、行き先だけを決めて気ままに旅行をしました。
観光地を目指し、気になるところをドライブし、そして美味しそうなお店を見つけ食事。
ツアーなどではない為、自由気ままな良い観光ができたと思います。
もちろん一泊する宿に関しても、「色々見て現地で宿泊先を決めようか?」というような考えでしたが、いざ当日になるとその甘い考えを反省するような出来事が起こります。
歩いて宿を探したり、インターネットで検索したり・・・
このような事をして現地のホテルや旅館を探していたのですが、運悪く空きが全くないのです。
正直なところかなり焦りましたし、どうなってしまうのかと考えこんでしまいました。
やっと見つけた数件の宿も、かなりの高級な宿!
安いところなど一軒も空いていなかったのです。
この時点で、予算的にはオーバーですし、陽もどんどん暮れていく一方です。
ほとんどそうだと思いますが、旅行などをする場合ある程度の予算を決めていくものです。
しかし、突発的にお金が必要になる時もある為、やはりお金を余分に持つか、キャッシングがすぐ可能な状態にしておくかなどの対策が必要だと感じました。
もちろんこの時、ギリギリの予算で出発した訳ではないのですが、自分の想像を超える金額だということです。
また渡航先ではタイヤのパンクなども発生する時もありますし油断はできません。
このような出来事が実際自分の身に起きましたから、最近では二重三重で対応できるように考えるようになりました。"

住んでいる場所を突然引っ越さなければならなくなった

" 私が、急にお金が必要になったときは、住んでいる場所を突然引っ越さなければならなくなったときです。

 私は、以前にアパートで一人暮らしをしていて、そのまましばらくはその場所を根城にしようと思っていたのですが、あるとき突然引っ越さなければならなくなりました。

 それはどうしてかというと、隣の部屋に住んでいた人が騒音というものをまったく気にしない人で、昼夜関係なく大音量の騒音を発していたからです。

 それは、音楽を聴くことであったり、知人と一緒に酒盛りをすることであったり、テレビの音であったりとさまざまでしたが、それはもう異常なくらい大きな騒音を出していました。

 私は、そういった音にはとても敏感なので、耐えられないくらい厳しい生活をせまられ、ノイローゼになってしまいそうでした。

 大家さんに助けを求めるも、はぐらかされて対処をしてもらえず、結局はそのアパートを1日も早く引っ越すことに決めました。

 しかし、そんなお金をすぐに用意できるはずもなく、私としては隣の部屋に住んでいた人に請求をしたいくらいですが、それをすることはもちろんできず、何とかお金をかき集めなければなりませんでした。

 私は、家族に事情を話し、なんとか引っ越しに必要な資金を貸してもらいました。

 そのときは、次に住むアパートの資金も含めて20万円くらいかかったのですが、本当に勘弁して欲しいと思いました。ですので、もう2度とそんな経験はしたくないと思っています。"

酔った途端にお金が必要になる私

" 日中そういうケースはほとんどありません。私の場合、あるとすれば常に夜です。酔った時ほどそういう危険性が大幅に高まります。本当にどうしようもない、自分のお酒の癖の悪さにあきれるほどなのです。 
 飲みの集まりがあるとき、私はいつもそこで終わりにして、帰ろうと考えているのです。しかしそこでいい感じに酔ってくると、もう家に帰ることなど、これっぽちも頭にありません。
 そして二軒目、三件目と渡り歩くのです。そんな恐怖を常に感じていますが、最初から大金を持てば完全に、準備してしまうことになるので、少なめに持って出ます。それが自分への必死の抵抗なのですが、敢えなく及ばず、この時にお金が足りなくなるのです。
 つまり急に必要になります。そして困ったことに次の店に行く途中にまた、計ったようにキャッシュディスペンサーがあるのです。まるで誘われるまま、神の助けと感じずにはいられません。
 その夜の軍資金を財布に入れ、エンジンが全開になるのです。もうバカを通り越しています。次の日はお決まりの、後悔の一日に変わります。これを延々と15年続けているのです。懲りもせず。私が禁酒する以外、直る見込みはありません。
 お金が急に必要になるということは、私が急に変わるということ。お酒を飲まなければ、まったく必要ないことが、飲んだ途端に必要になる私はどうすればいいのでしょう。禁酒しなくても、周りにキャッシュディスペンサーが、設置していないところで、暮らすという方法もありますけど。"

生きてく上で

"必ずお金って必要ですよね。日々の食事代、日用品購入、水道代、電気代、ガス代など。これらはある程度予測して、お金の使い道を考えておけますが、急な出費は痛いものです。例えば冠婚葬祭。もちろんおめでたい結婚式、お祝いしたい気持ちは十分ありますが、ご祝儀ってなかなか高いと思ってしまう事があります。友人・知人なら相場は3万ですが、先日参加した親戚の結婚式、10万円でした・・・。しかもできちゃった婚のため、1か月前に急遽決まった結婚式。その親戚は自分の結婚式のときに参加してもらい、その時いただいたご祝儀が10万円だったので、気持ちをこめてお祝いしました・・・けど、ちょっと(いやかなり)急な出来事だったので、焦りました。お盆に行く旅行代を奮発して払った矢先でしたので。普段から貯金できていれば、焦ることもないという意見もありかと思いますが、貯金は貯金。こちらに手は付けたくないのです。(貯金の目的は住宅購入のためなので)そういう方って少ないんですかね?
さらに出費とは重なるもので、我が家で10年頑張ってくれた一人暮らし用の冷蔵庫がついに壊れました。そもそも結婚したのに、ずっと一人暮らし用に冷蔵庫で生活してたっていうのもあれなんですがね。のちのちの事を考え、ファミリー用の冷蔵庫、購入しました。カードは持たない主義なので、現金で。この結婚式と冷蔵庫の件で、「普段の生活費」+「緊急時の出費」+「住宅購入貯金」めんどくさいけど、使う用途によってお金を仕分けるっていうことも大事かもと、見直すきっかけになりました。"

車検での故障発覚。

"長いこと乗っている、我が家の愛車の話です。
今年の車検で気になっているところを、ついでに見てもらうことにしました。
点検が終わって見積書を出された時にびっくりです!!

”¥450000”って書いてありました。心臓がドキドキしちゃいました。

車検にかかる費用って、そんなになるとは予想外です。
修理費込みで、その半分くらいかな?とふんでたので、とてもじゃないけどその額は出せません。
内訳を見てもよくわからないので車に詳しい友人に相談すると、
「これは直さなくても普通に走れるよ。この部品も、近所の車用品店で自分で変えることができるよ。」
と指摘されたところがいっぱいでした。

なので、車検で引っ掛かってしまいそうなところだけの修理をお願いしました。
やっぱりそれでも。¥300000近くいってしまいました。

この出費は本当にきつかったです。
私のパート代の何ヶ月分?って考えると、テンションがものすごく下がります。

今考えると、このお値段で新車の頭金にできたのではないかとちょっと後悔しています。
でも、愛着があるし運転もしやすいので廃車にするには、一歩踏み出せない感じです。

これ以外にも車の維持費って本当に高いです。
最近ガソリンも、高いままのお値段が続いています。
仕事上、車は必要なので月末のカードのガソリン代を見ると、またまた心臓に悪いです。
交通費が出ているけど、ここ何年か変わってないから、絶対割に合ってない感じです。

うちは地方なので車がないとやっていけないので、しょうがないけど車検が怖くなりました。"

ひと月に結婚式が2回入ってしまい、給料日前に金欠に。

"私が給料日前に金欠なったとき、それは友人の結婚式がひと月の間に2回もあったことです。
友人の結婚は本当におめでたいと思うのですが、ひと月に2回も結婚式に呼ばれてしまうと御祝儀を捻出するのに本当に苦労してしまいます。
ましてや、近所で行われる結婚式ならばまだしも、地元へ帰省して出席するとなると移動費や宿泊費など出費がかさんで本当に勘弁して欲しいなぁという気持ちになってしまいました。

友人の結婚式なので、御祝儀は3万円を包みましたが、その他にも同級生で会費を集めてプレゼントを贈ろうという話に誘われてしまい、結局追加で5千円ほどの会費を徴収されてしまいました。
私としてはプレゼントなんて個人の気持ちなのですから、プレゼントしたい人だけが贈れば良いのにと思っていました。しかし場の空気を悪くすることも出来ませんので、泣く泣くお金を支払いました。

披露宴が終わると、その後は二次会です。二次会の費用は、幹事さんによっても様々ですが、その日はなんと8千円も徴収されました。女性が男性よりも低い金額設定になっていたので、男性がその分を負担するということになったらしいのです。
お酒を飲む量なんて、男性も女性もそう変わりないので、同額に設定して欲しいなぁと心の中では思ってしまいました。

結局、式に出席するための新幹線往復分の出費や、翌日の移動のために実家には帰らずにビジネスホテルに宿泊したので、それだけで3万円以上もかかってしまいました。

結局、給料日前の金欠になってしまって、毎晩の食事もかなり節約しましたし、本当に辛い思い出ですね。"

非常に痛い出費について

"私の会社の給料日は、毎月16日です。ボーナス月は、6月と12月です。
給料日前に金欠になるのことはよくあります。
覚えているもので、一つ目ですが、結婚式に招待されていること、これはお祝いで大体3万円を持っていきますが、これは痛い出費ですよね。臨時的な支出なので、ボーナス月以外は痛いですね。
二つ目は、異動時期前のお別れ会です。非常に多い月があるのです。1回の飲み会は平均5000〜10000円くらいですが、回数がかさむと非常に痛いです。月々の給料では賄えないときがあります。
三つ目は、娘の歯科矯正です。いきなり歯科で矯正治療が必要と言われて行うことに、治療費の高さに辟易です。
年間50万円くらいかかるので、毎月の給料では賄えません。特に給料日前の治療は財布的に痛いです。
四つ目は、電化製品ですが、冷蔵庫がいきなりストップしてしまい、修理になりましたが、修理費が高い、予定していない出費だったので、痛かったことを覚えています。
五つ目は、自動車のタイヤがパンクし、全部交換する羽目になったときです。4つのタイヤを一辺に交換することになった時です。ボーナス時期ならまだしも、それとスタッドレスタイヤを購入する羽目になったときも同じです。
最後に覚えているのは、娘が短期講習の塾に入った月です。入学金が確か5万円を支払うことに、毎月の給料からは払えないのでキャッシングしましたが、それからも塾代が3万円以上かかったので、給料日前は必ず赤字で金欠になりました。
予定していない出費は痛いです。"

家族がいるのに

"旦那が前に仕事をしていた所なのですが、どう考えても、家族4人がぎりぎり生活できるか、少し足りないかの給料でした。でも、旦那は少しでも時間があると、他の場所で仕事をしてくれ、一時期は、4つも掛け持ちしていた事もあります。

私がどうかすれば良かったのですが、でも、旦那は自分が仕事をする方がお金になると言い、私は子供の面倒を見る、お金のやりくりを上手にするのが仕事のようでした。

そんなに頑張ってくれていても、生活費はかつかつでした。私の頭の中は、いつも計算ばかり、車を運転している時も、今月はどうかな、やばいのかななどと考えてばかりでした。いつも、お金のやりくりを考えています。

だから給料日の日だけです、私の気持ちが少し和らぐのは。でも給料日が来るまで、足りなそうなら、一週間前位から、家じゅうにある、小銭を探し始め、出来るだけ、紙幣を使わないでいました。意外と、コインだけで生活が出来るものです。食料品を買わないと行けなくなると、出来るだけ買い物の事は考えず、冷蔵庫の中、乾物だけで乗り切ります。

でも、なるべくそうしていることは、旦那や子供に気づかれないように、上手にしないといけません。そうでないと、4つも掛け持ちをしている旦那が、気を悪くし、子供達は、お金がないから、何もいらない、大丈夫よと気を使ってくれるからです。

そして、その頃に慣れた事なのですが、自分の髪は自分で切るようになりました。おまけに旦那の髪も私が切るようになりました。そして今では結構上手だねと言われるようになってしまいました。

今は旦那の仕事が変わり、少しはお金に余裕があります。しかし今でも同じような生活を送っています。"

給料日前に金欠になった思い出

"給料日前に金欠になったことがあります。当時、住んでいたアパートで騒音に悩まされていたため、思いきって引越しをすることにしました。新しいアパートは静かな環境にあり、「引越ししてよかったな」と満足していました。
しかし、引越しというのは、想像以上にお金がかかるものなのです。引越業者さんに支払う費用のほか、エアコンの取り外し、取り付け費がかかりました。また、新しいアパートに入居する際には、敷金・礼金がかかりました。さらに、新しいアパートの部屋のために、カーテンや電化製品を買いました。窓のサイズが違っていたので、カーテンは新しくしなければならなかったのです。また、古い電化製品は、思いきって買い替えることにしました。
さらに、引越しした月には、友達の結婚式がありました。友達の結婚式があることは前からわかっていたことです。そのため、お祝い金を準備していました。しかし、急遽、引越しを決めたため、予想以上に金欠になってしまったのです。
給料日前は、お金がなくてかなり苦しかったです。おなかが減っていたけれど、お昼は水を飲んで我慢する日もありました。夕方になると、おなかが空きすぎてふらふらしました。また、食費をできるだけ安く抑えるために、閉店間際のスーパーに駆け込み、値引き商品を手に入れるようにしていました。
給料日がきたときには、本当にうれしかったです。これでおいしい物をたらふく食べられる、と思いました。今となっては、なつかしくよい思い出です。"

病院にいくお金すら…

"20年ほど昔の話。
当時付き合っていた彼女と結婚の話が出始めて、あわてて貯金を始めた。
勤めていた会社の製品が安く買えるので母親(大阪のオカン)から大量に購入して欲しいと頼まれ、まとめ買いしてかなりの額を天引きされ、その代金をオカンから回収していなかった。
そんなこんなでその月は手取りがものすごく少なく、家賃や食費などを除くとほとんど残らなかった。
バブル真っ只中の当時、デートをすると、どこに行ってもお金がかかる。彼女は贅沢をしないほうだが、それでも食事にいくと1万円札は飛んでいく。
割り勘でも良いと言ってくれているのに、いや俺の奢りでと言ってしまった。
その結果、給料日まで後10日足らず残して残金は千何百円か。オカンに車内販売の代金を請求するも『次ぎ帰ってきたときに払う』の一点張り。挙句、逆切れ。
何とかしのいであと2日。
前の晩から頭痛で朝になると発熱。仕事を休んだが、所持金はわずか三百円あまり。
医者にも行けず、薬も買えず。
手元に残った食料は焼きぞばUFO数個。
飲み物は水道水のみ。
翌日も風邪は治らず、仕事を休んだ。
上司からは『医者には行ったのか?』と言われ『それなりに』と意味不明な返事をし、『熱もあるようだな』と言われた。
UFOを食べきり、食べるものもない。
翌日は給料日。土曜日で休み。
朦朧とする頭で
『休みと言うことは給料は次の月曜日?…(勘違い)』
気を失った。気が付くと土曜日の昼前。
だめもとでATMで残高を確認。
振り込まれていた。俺の給料!
お金を下ろして病院に直行した。"

最新のエントリー一覧

ひと月に結婚式が2回入ってしまい、給料日前に金欠に。
"私が給料日前に金欠なったとき、それは友人の結婚式がひと月の間に2回もあったこと...

非常に痛い出費について
"私の会社の給料日は、毎月16日です。ボーナス月は、6月と12月です。 給料日前...

家族がいるのに
"旦那が前に仕事をしていた所なのですが、どう考えても、家族4人がぎりぎり生活でき...